株式会社新電力

電気代をよりおトクに
電気料金の比較は(株)新電力へ

電気料金プランに関する
ご相談、お問い合わせ

受付時間 9:00~21:00 年中無休

電力自由化
ついにスタート!

節電コラム

電力自由化って一体何?

2015.09.17(Thu)

節電(16)

電力自由化(13)

電気料金プラン(5)

電力自由化とはそもそも何?

pixta_14584924_S現在、一般の家庭用に対して北から北海道電力・東北電力・北陸電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力と各地域のエリアごとに担当する電力会社が電気の供給を行っておりそこから各家庭の家で電気が使われているのが現状としてあります。

電力自由化とは、その10社以外の新たな電気供給会社や他地域エリアの電力会社からも電気が自由に選べて買えるようになることです。

つまり保険のようにこれからは自分で自分の家の買う電気会社を自由に比べて選択することが出来るようになることです。

電力自由化になったらどうなるの?

実はこれまでも自由化はお客様の使用する電気の電圧と容量に応じて段階的に進められてきました。主に企業を対象とした自由化です。

2016年には一般家庭や小規模工場、店舗等の小口のお客様も電気が選べる時代が来ます。

自由化になったらその分数多くの電気供給会社が出てくることが予想されますので、

そうすると電気代の価格競争や他業種とのセット割などの多種多様なサービスなどが生まれてくることも期待でき、私たち消費者側にとっては嬉しい自由化になるでしょう!

新電力とは?

2000年以降に電力の小売自由化に伴い参入した新しい電力会社を新電力と呼びます。新電力は電力会社の送電線を借りて電力をお客様にお届けしています。今では450社を超える新電力が存在し、日本全体の2%を超えるお客様に新電力の電気は選ばれており、その数は今も増え続けています。

電力会社変更のメリットは?

電気の品質はそのままに電気料金を削減することができます。

ただし、新電力の発電方式及びご家庭の電気のご使用状況によっては現在、使用されている電力会社よりも割安な料金で使用出来ない可能性があります。

来年にせまった自由化に対し今や半数以上のご家庭が電気の切替えに興味を持っています。
自由化を契機に、お客様の多様なエネルギーニーズの実現が期待されます。
調査によれば、現時点(2015年1月現在)でも約54%のご家庭が電気の切換えに興味を持っています

point注目ポイント!

電力自由化の開始と同時に多くの企業が新たな電力契約を発表されることが予想されます。その中で「色々あるみたいだけど結局うちはどの契約だったら損をしないんだろう??」とならない為にも現在の電気料金と電気の使用量を把握しておくと便利になります。

2015年4月~2016年3月度までの1年間分があれば良いでしょう。

ただ「管理するのは大変だ!」「面倒だな!」と思われた人は当サイトのページを活用して頂ければ簡単に誰でも管理して頂けます。

電力自由化に向けてお得な情報を逃さないために!
まずは「みんなの節約倶楽部」に登録しましょう!

カテゴリー

電気料金プラン検索